中欧怪奇紀行 (講談社文庫) 本 無料の電子ブック

中欧怪奇紀行 (講談社文庫)

04/10/2020 18:22:19, , 田中 芳樹


中欧怪奇紀行 (講談社文庫) 本 無料の電子ブック - あなたが読むべきである著者によって書かれた素晴らしい本はタイトルです。 中欧怪奇紀行 (講談社文庫)のトピックはきっと気に入るはずです。 余暇にすべてのページページを読むのに十分な時間があります。 この美しい本をリリースしたメーカーは出版社です。 今すぐ中欧怪奇紀行 (講談社文庫)を入手してください。コンテンツに失望することはありません。 適度な手順で中欧怪奇紀行 (講談社文庫)をコンピューターにダウンロードできます。. この本を見つけたり読んだりすることにした場合は、中欧怪奇紀行 (講談社文庫)の詳細を以下に示します。

中欧怪奇紀行 (講談社文庫)の表紙

によって

4.5 5つ星のうち 4 人の読者

ファイル名 : 中欧怪奇紀行-講談社文庫.pdf

ファイルサイズ : 25.73 MB

内容紹介 すこぶる怖い…でもおもしろい話をしよう吸血鬼はロリコンだ。狼男の2つの系統。フランケンシュタインは頭がいい――。中央ヨーロッパに数多(あまた)ある恐ろしくも面白い神話、伝説、物語を元ネタに、怪奇大好きの作家2人が夜を日に継ぎ話しこむ。文庫化に当たって新規対談を追加、再編集した決定版! それぞれに工夫を凝らした短篇小説2話も収録。 内容(「BOOK」データベースより) 吸血鬼はロリコンだ。狼男の二つの系統。フランケンシュタインは頭がいい―。中央ヨーロッパに数多ある恐ろしくも面白い神話、伝説、物語を元ネタに、怪奇大好きの作家二人が夜を日に継ぎ話しこむ。文庫化に当たって新規対談を追加、再編集した決定版!それぞれに工夫を凝らした短篇小説二話も収録。 著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より) 田中/芳樹 1952年、熊本県生まれ。学習院大学大学院修了。’77年第3回幻影城新人賞、’88年星雲賞を受賞。壮大なスケールと緻密な構成で、SFロマンから中国歴史小説まで幅広く執筆を行う 赤城/毅 1961年、東京都生まれ。’98年、『魔大陸の鷹』(三部作)でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 続きを見る

以下は、中欧怪奇紀行 (講談社文庫)に関する最も有用なレビューの一部です。 この本を購入する/読むことを決定する前にこれを検討することができます。
田中芳樹×赤城毅両先生による怪奇と幻想の対談集であります。話題はドイツ、オーストリア、スイス、チェコハンガリーといったところ。がっつり濃ゆいオカルト談義にはあらず、薄くて幅広い与太話の応酬が続くお手軽読み物。ドラキュラ伯爵に比べて、元ネタのヴラド・ ツェペシュは魅力がない!といった具合にミーハー感覚丸出しです。何といっても『ロリキュラ日記(刊行未定)』のインパクトが絶大でして、読後にこれしか記憶に残らないくらい。イラストつきだし(!)。田中×赤城両先生の雰囲気たっぷりな短編ホラーも一編ずつ収録。