掃除屋 プロレス始末伝 (集英社文庫) によって 黒木 あるじ Epub

掃除屋 プロレス始末伝 (集英社文庫)

04/11/2020 15:56:28, , 黒木 あるじ


掃除屋 プロレス始末伝 (集英社文庫) によって 黒木 あるじ Epub - あなたが読むべきである著者によって書かれた素晴らしい本はタイトルです。 掃除屋 プロレス始末伝 (集英社文庫)のトピックはきっと気に入るはずです。 余暇にすべてのページページを読むのに十分な時間があります。 この美しい本をリリースしたメーカーは出版社です。 今すぐ掃除屋 プロレス始末伝 (集英社文庫)を入手してください。コンテンツに失望することはありません。 適度な手順で掃除屋 プロレス始末伝 (集英社文庫)をコンピューターにダウンロードできます。. この本を見つけたり読んだりすることにした場合は、掃除屋 プロレス始末伝 (集英社文庫)の詳細を以下に示します。

掃除屋 プロレス始末伝 (集英社文庫)の表紙

によって

4.1 5つ星のうち 10 人の読者

ファイル名 : 掃除屋-プロレス始末伝-集英社文庫.pdf

ファイルサイズ : 29.45 MB

内容紹介 長州力さん推薦!「プロレスで大切なのは『間』。この小説にはそれがあります」男の生きざまに震えろ! これは「プロレス小説」の革命児だ! いきなり文庫!依頼を受け、相手をリング上で制裁する「掃除屋」。ベテランレスラーのピューマ藤戸はそんな裏の顔を持つ。様々な事情を抱える依頼人から高額な報酬をせしめる背景には、リング禍で今なお意識が戻らない親友の存在があった。身体に爆弾を抱えた藤戸が、最後の対戦相手に選ぶのは──。プロレスファンなら感涙必至、そうでなくとも胸が熱くなる哀愁ただよう男の美学の物語。本当の強さが、ここにある。 内容(「BOOK」データベースより) 依頼を受け、相手をリング上で制裁する「掃除屋」。ベテランレスラーのピューマ藤戸はそんな裏の顔を持つ。様々な事情を抱える依頼人から高額な報酬をせしめる背景には、リング禍で今なお意識が戻らない親友の存在があった。身体に爆弾を抱えた藤戸が、最後の対戦相手に選ぶのは―。プロレスファンなら感涙必至、そうでなくとも胸が熱くなる哀愁ただよう男の美学の物語。本当の強さが、ここにある。 商品の説明をすべて表示する

掃除屋 プロレス始末伝 (集英社文庫)を読んだ後、読者のコメントの下に見つけるでしょう。 参考までにご検討ください。
どこかでみたような表現、リアリティのかけらもないネットに転がっているようなエピソード。おそらく作者は必死でそれらをつなぎ合わせたのだろうが、そんなものはガキの夏休みの作文であって、小説ではない。金を払って読むレベルに達していない。もっと考えて、勉強して小説を書きなさい。そして十年後にもう一度同じテーマで書いてみよう。