経営組織論 (はじめての経営学) オンライン無料

経営組織論 (はじめての経営学)

04/29/2020 01:13:01, , 鈴木 竜太


経営組織論 (はじめての経営学) オンライン無料 - 経営組織論 (はじめての経営学)をお探しですか? この本は著者が書いたものです。 この本には296ページページあります。 経営組織論 (はじめての経営学)は東洋経済新報社 (2018/1/19)によって公開されています。 この本は2018/1/19に発行されます。 経営組織論 (はじめての経営学)は簡単な手順でオンラインで読むことができます。 しかし、それをコンピュータに保存したい場合は、今すぐ経営組織論 (はじめての経営学)をダウンロードできます。. この本を見つけたり読んだりすることにした場合は、経営組織論 (はじめての経営学)の詳細を以下に示します。

経営組織論 (はじめての経営学)の表紙

によって

4.2 5つ星のうち 8 人の読者

ファイル名 : 経営組織論-はじめての経営学.pdf

ファイルサイズ : 18.9 MB

内容紹介 組織論は、経営学の中心となる科目の1つです。チームや職場という組織をいかにうまく活用して、大きな仕事を成し遂げるか。本書は、「組織論」という学問を、「道具として使える知識」「使うための学問の体系」と位置づけて、組織のもたらすメリットを最大化する方法を考える「教科書兼トリセツ」。前提知識なしでも、組織論の全体像がわかりやすく把握でき、かつ、新しい研究分野についても紹介しています。組織をもっと良くしたいと考える人に。学生にも社会人にも使える教科書「はじめての経営学」シリーズの第1弾配本。 内容(「BOOK」データベースより) チームや職場とうまくつきあうために知っておきたい教科書兼トリセツ。学生にも社会人にも使える一冊。 著者について 鈴木 竜太(スズキ リュウタ)神戸大学大学院経営学研究科教授神戸大学大学院経営学研究科教授。1971年静岡県生まれ。94年神戸大学経営学部卒業。99年同大学大学院経営学研究科博士後期課程修了。静岡県立大学経営情報学部専任講師などを経て、2013年より現職。専門は経営組織論・組織行動論。主な著作に、『組織と個人――キャリアの発達と組織コミットメントの変化』(白桃書房、経営行動科学学会優秀研究賞受賞)、『自律する組織人――組織コミットメントとキャリア論からの展望』(生産性出版)、『関わりあう職場のマネジメント』(有斐閣、日経・経済図書文化賞受賞)、『キャリアで語る経営組織――個人の論理と組織の論理』(共著、有斐閣)などがある。 著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より) 鈴木/竜太 神戸大学大学院経営学研究科教授。1971年静岡県生まれ。94年神戸大学経営学部卒業。99年同大学大学院経営学研究科博士後期課程修了。静岡県立大学経営情報学部専任講師などを経て、2013年より現職。専門は経営組織論・組織行動論。主な著作に、『組織と個人―キャリアの発達と組織コミットメントの変化』(白桃書房、経営行動科学学会優秀研究賞受賞)、『関わりあう職場のマネジメント』(有斐閣、日経・経済図書文化賞受賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 続きを見る

以下は、経営組織論 (はじめての経営学)に関する最も有用なレビューの一部です。 この本を購入する/読むことを決定する前にこれを検討することができます。
・説明とグラフが違うページにあって読みにくい・説明がダラダラ長くてうんざりする・長い説明の割に曖昧・紙質が嫌い・他の入門書との差別化が全くできていない。